*

代理店と通販

自動車保険の販売方法は2種類

人と人が対面で手続きをする代理店型と、インターネットと電話で手続きする通販型の2種類。どちらも良い所と悪い所があるので、一方的に代理店が良い・通販型が良いとは言い切れません。

代理店

昔からあるスタイルで、人による対面販売が基本。

メリット

顔を見て契約できる安心感が一番のメリット。説明をじっくり聞くことができるので、わからない所は何でも聞ける。相手の保険の知識なども契約者が判断できる。サービスセンターや営業店も各都道府県にあり、事故時の手厚い補償が受けらる。
最初の手続きは対面でも、補償の変更などは電話で受付も可能。また更新はネット完結できる保険会社もある。

デメリット

人件費が掛かる分、通販型に対して保険料が割高。

通販

CMでよく見るインターネットでの販売が基本スタイル。

メリット

代理店型に比べて保険料が割安。

デメリット

契約は自己責任なので、契約者の思い込みによる補償内容の間違いには対応しない。事故受付センターが大都市にしかなかったり、事故後の処理は子会社や委託会社による手続きなので、割り当てられた担当者によって対応がマチマチ。


公開日:

no image
提携修理工場、代車サービス(2016年上半期)

table { border-collapse: collap

no image
メッセージ代行(2016年上半期)

メッセージを代行してくれる 身内への電話メッセージを代行してくれるサ

no image
チャイルドシートレンタル費用(2016年上半期)

table { border-collapse: collap

no image
ペット宿泊費用(2016年上半期)

table { border-collapse: collap

no image
キャンセル費用(2016年上半期)

table { border-collapse: collap

→もっと見る

    PAGE TOP ↑