*

なぜロードサービスで比較するの?は統計を見ると一目瞭然。

そもそもロードサービスって何?って方はこちら

なぜ?

JAFが発表しているロードサービスの年間出動件数は、約258万件。
一方、警察庁が発表している年間交通事故件数は、約66万件。

JAFが平成23年度に実施したロードサービスは258万2,773件で、ほぼ前年並み(前年比99.4%)となりました。
JAF|平成23年度、JAF年間出動件数は前年並み

平成24年度交通事故発生件数 66万5,138件
統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103

この数字をみてわかるように、保険は事故で使うよりもロードサービスで使う回数の方が4倍にもなります。さらに言えば、ロードサービスをしている会社はJAFだけではありません(ディーラーなどの販売店もやります)ので、実際には258万件のさらに数倍ロードサービスが行われている計算になります。

ある販売店では年間出動回数が60回以上、その中でJAFへ直接連絡が入ったのは1割~2割。となると、JAF以外の会社がロードサービスを行う割合は、少なくみてもJAFの3倍以上となり、JAF出動回数の258万件の3倍774万件は一般の会社がロードサービスを行なっている計算になります。

まとめ

つまり、使う機会が多いロードサービスで保険を選んだほうが「お得」と言えます^^

でも、その分保険料が高かったら意味が無い!
ごもっともなので、とりあえずこちらから一括見積もりをして、安い保険会社の中からロードサービスで比較して選びましょう!


公開日:
最終更新日:2015/09/26

no image
提携修理工場、代車サービス(2016年上半期)

table { border-collapse: collap

no image
メッセージ代行(2016年上半期)

メッセージを代行してくれる 身内への電話メッセージを代行してくれるサ

no image
チャイルドシートレンタル費用(2016年上半期)

table { border-collapse: collap

no image
ペット宿泊費用(2016年上半期)

table { border-collapse: collap

no image
キャンセル費用(2016年上半期)

table { border-collapse: collap

→もっと見る

    PAGE TOP ↑